×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

FILA日本グラップリング&パンクラチオン委員会



基 本 メ ニ ュ ー




大 会 結 果

久能孝徳(チーム太田章)が優勝、全員がメダル獲得…第1回アジア・パンクラチオン選手権第1日
2014/04/26

左から、洞口幸太、久能孝徳、岡倫之、西尾公希(X-TREME柔術アカデミー)

 パンクラチオンの第1回アジア選手権は4月25日、カザフスタン・アティラウで開幕。サブミッションが行われ、92kg級の久能孝徳(チーム太田章)が優勝し、出場4選手ともメダルを獲得した。

 62kg級の洞口幸太(岐阜・マイスポーツ)が銀メダル、66kg級の西尾公希(X-TREME柔術アカデミー)、無差別の岡倫之(ブシロード)が銅メダルだった。


 ◎パンクラチオン・サブミッション

▼62kg級 洞口幸太(岐阜・マイスポーツ) 2位

▼66kg級 西尾公希(X-TREME柔術アカデミー) 3位

▼92kg級 久能孝徳(チーム太田章) 優勝

▼無差別 岡 倫之(ブシロード) 3位